1. トップ
  2. ブログ・お知らせ
  3. 我が家の食卓 パンツァネッラ編
ブログ
我が家の食卓 パンツァネッラ編
2021/07/12
いや~暑い暑い。
何日も続く長雨の湿気と今日みたいなカンカンが合わさる日は、
避暑地で知られる河口湖周辺もTシャツが汗で張り付くほどの暑さです。

そんな日は、アレをさっぱり食べたい!
パンツァネッラ♪♪♪

我が家では、残って固くなったパンをモッリーカ(morrica)とうパン粉にしています。
ottoでお食事されたことがある方は、もうご存知!
前菜からメインディッシュまで色々なところで登場するモッリーカですよ♪

その他にもパンツァネッラ(Panzanella)というお料理にして食べたりもします。

固くなったパンを適当にカットして、
あとは、人参、セロリ、トマト、玉ねぎ等の香味野菜と一緒にワインビネガー、オリーブオイルでマリネします。
今日のはうずら豆も入れました!うまいっ!

和えてしばらく置いておくとパンがマリネ液をすって丁度いい硬さになります。
面白いのが、決してマリネ液を吸ったパンが「べっちゃ」とならないところ。
真ん中が程よく固くて、食感もなんかイイッ!
凡庸ですが「こんなの初めて食べた!」です。笑。
暑くて食欲がイマイチな日も酸味も相まって、これならパクパクいけます。

イタリア、トスカーナの代表的な郷土料理だそうです。
昔はパンを焼くのは本当に重労働だったらしく。(確かにオーブンもなく薪窯だしな)
週に一回しか焼かなかったそうですよ。

大事なパンを無駄にしない知恵ですね。

しかし、本当に美味しいので「残ったパン」という表現にしちゃうには本当にもったいない!
「このパンツァネッラ食べたさにあえて残したパン」と、言いたい。

和えるだけに。。。




さよなら!さよなら!!さよならっ!!!