1. トップ
  2. 温泉

温泉

神秘的な深い輝きを放つ湯に心から、癒される。

神秘的な青い湯

温泉は「奥湯の郷」最大の魅力です。
青白いにごり湯が自慢で、数々の温泉雑誌や書籍・WEBサイトでも紹介されています。

湯色の青はガラスの主成分である〈メタ珪酸〉を大量に含んでいるためです。湧出後時間とともに青色の透明な湯から青白いにごり湯へと変わってゆきます。

湯布院の山々に囲まれた絶景の露天風呂

自然を満喫できる露天風呂を貸切(交代制)にてご利用いただけます。

源泉には加水を一切行わず90℃の源泉を冷ましながら湯船に入れる方式を採用しており、温泉本来の性質や効能をそのままに浸かっていただけます。
  • 内湯

    天候や気温に左右されない内湯の青湯。露天風呂も併設しています。
    利用時間
    15:00~翌 9:00
    入浴区分
    交代制ですが、貸切も可能です。
  • 露天風呂

    日ごとに色が変わるとろっとろの温泉。
    全国でも希少なにごり湯を貸切りで堪能していただけます。

    日頃の疲れを癒す贅沢な時間をお過ごしください。
    利用時間
    15:00~翌 9:00
    入浴区分
    交代制ですが、貸切も可能です。
  • 湯布院温泉について

    特徴
    メタ珪酸を大量に含んでいるためブルーハワイのようなお湯です。湧出後に青色の透明なお湯から、青白いにごり湯へと変わってゆきます。温泉チャンピオン 郡司勇氏の著書 「これが本物!ニッポンの湯宿」 でも青く輝くにごり湯が高く評価され、書籍内 『ホンモノのにごり湯番付』 にて 『西の横綱』 に選ばれています。
    効能
    肌をしっとりとキメ細かくツルツルにしてくれる温泉です。
    メタケイ酸を含んだ温泉に入ることで、肌をツルツルにしてくれる事が期待できるとされています。メタケイ酸の含有量が 「50mg」 以上あると保湿に有効とされていますが、奥湯の郷のお湯はメタケイ酸含有量が 「223mg」 となっております。
    注意事項
    天然温泉ですので、湯の色は常に一定ではありません。また、天候・気温・温度によって左右されますのでご了承ください。
  • 冷却装置

    96℃の源泉を冷却装置を通すことにより一切加水を行わず、源泉の成分を損なうことなく適度な温度まで冷ますことができます。

温泉名

由布院温泉 (天然温泉100%) *源泉掛け流し(人工温泉含まず)

泉質

ナトリウム-塩化物泉

入湯税

別途、入湯税(大人150円)をいただきます。