温泉

かみのやま温泉

開湯は長禄2年。
肥前出身の旅の僧侶・月秀が、温泉で傷を癒している鶴を発見したとされる。
そのため、古くは「鶴脛の湯」の別名があった。

江戸時代には当地に上山城および上山藩が置かれ、温泉地としてのみならず城下町としても繁栄した。 近年は、山形新幹線の駅名に合わせて、ひらがなの表記「かみのやま温泉」が用いられることが多い、同じ山形県の湯野浜温泉、福島県の東山温泉と共に「奥羽三楽郷」に数えられた。 温泉街は湯町、新湯、十日町、河崎、高松、葉山、金瓶の7地区から構成されている。 そのため、各地区をそれぞれ個々の温泉とみなし、しばし上山温泉郷とも表現される。

温泉街には150円で入浴できる7軒の共同浴場 (湯町の湯、新湯・澤の湯、葉山共同浴場、二日町ふれあいの湯、中湯、下大湯、新丁・上の湯)が存在する。
温泉街には5箇所の足湯があり、観光客や地元の客で賑わっております。市内散策に足湯巡りなどいかがですか?
  • 四季を通して湯のぬくもり

    庭園眺める大浴場、昼と夜の違いをお楽しみください。
    当館の温泉は、神経痛には抜群の効能があります。

    河崎温泉(上山) 温泉掛け流し

    利用時間
    ・宿泊6:00~24:00(24:00~6:00-清掃・点検 )・日帰り入浴13:00~20:00(繁忙期・貸切でお断りする場合がございます)要確認
    泉質
    含石膏弱食塩泉
    特徴
    内湯のみ
    源泉かけ流しの湯は、あったまりの湯。
    泉質が良く、湯治の長期宿泊可。
    効能
    リュウマチ・神経痛・創傷・婦人病等
    注意事項
    ・飲酒後の入浴・夜一人での入浴はご注意ください。
    ・浴室での他のお客様へ迷惑行為はお止めください。
    ・入れ墨などあるお客様はご入浴をお断りしております。(隠しての入浴可)
    利用料金
    ・宿泊-無料 ・日帰り入浴 大人/小人 400円

大浴場のご案内

温泉

河崎温泉(上山)

浴場数

「露天] 男:0 女:0 混浴:0
[内湯] 男:1 女:1 混浴:0
[サウナ] 男:0 女:0 混浴:0

その他の風呂施設

ご宿泊のお客様は本館【果実の山 あづま屋】へのご入浴無料
(送迎に関してはしておりません。お客様の自己責任でお願いいたします。)

入湯税

入湯税大人150円別途頂きます。